美容のプロになるなら!K-twoスクール完全ガイド

K-twoスクールの体験画像

K-twoでは、全国でオープンスクールを開催中!

ビューティー体験レッスンが無料で受けられたり、授業・現場・サロンの見学もできるんです♪自分に向いているかチェックしてみては?

 
HOME » K-twoスクールで磨けるスキルを調査【ネイル編】 » こんなシーンで活躍できます

こんなシーンで活躍できます

K-twoのネイルコースで目指せる職業や、取得できる資格について解説します。

K-twoのネイルコースで目指せる職業

美容院で定期的に髪のお手入れをするように、ネイルサロンで爪のお手入れをするのは今や常識。ネイリストの需要はますます高まっています。

K-twoのネイルスクールでは、技術力やお客様とのコミュニケーション力を育むだけでなく、プラスαのポイントとして「トレンドを生み出せる感性」を引き出してくれます。K-two出身のネイリストは、業界で求められる力を備えているといえるでしょう。

目指せる就職先はさまざまですが、メインとなるのは以下です。

  • ネイルサロン
  • 美容室
  • エステサロン
  • ブライダル関係
  • ネイル用品メーカー(取引先スタッフに講習を行ったり、デモンストレーション担当として活躍する道もアリ)

そのほか、会社員として働きながら、副業としてネイリストをしたり、ネイリスト専門派遣会社で短期間の仕事をこなすこともできます。

また、将来的にはネイル講師ネイルサロンの開業という夢を叶えている先輩も。出張ネイリストとして独立したり、自宅開業する人もいるんです。

最高レベルの合格率もK-twoスクールの魅力!

K-twoの2012年の1級合格者実績は72%(全国平均35.4%)、2級合格者は85%(全国平均37.9%)。数字を見てもおわかりのように最高レベルの合格率です。

ネイリストになるためには絶対にネイリストの資格が必要なわけではありません。しかし資格があるのとないのとでは大違い!

資格を持っているということは、それだけの技術を持っているということの証明になるので、就職では圧倒的に有利です。とくに2級以上の有資格者は、かなりの実力者として認められる資格といえるでしょう。

徹底した検定対策で合格率100%を目指す

K-twoスクールの資格合格率が高い理由として、まず挙げられるのが関東校で取り入れられている「検定試験合格保証制度」です。万が一不合格になっても、合格するまで補講や対策講座を無料で受けられる心強いサポートです。

万一試験に失敗しても、スクールのサポートにより、挫折することなく合格を目指せるのは、ありがたいサポートだと言えるでしょう。

また、「検定試験対策講座」では、本番さながらの模擬テストを行っています。模擬テストによって課題が見え、ハンドモデルの選び方といった大切なコツも理解できます。

授業でも、JNA(NPO法人日本ネイリスト協会)の認定講師が受験対策を細かくサポートしてくれるため、合格に必要な技術をしっかりと学ぶことができるんです。

このように、合格に強いカリキュラムや認定講師の指導、合格保証制度など、充実した学習環境で試験対策ができることが、高い合格率につながっていると言えるでしょう。